HOME » SPECIAL »SEA OTTER レポート VOL.2
SEA OTTER CLASSIC

 

アメリカ探乗訪記
2018 SPRING

シーオッタークラッシック VOL.2

3日目

ダウンヒル

SEA OTTER CLASSIC

タンデムもあり、親子で楽しんでいた。
ダウンヒルをスタート直後のジャンプセクションに一番観客が集まるのだが、この日一番の盛り上がりだったのはこのタンデム親子だった。
とにかく盛り上げてくれるのでこちらもテンションアップです。

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

ホールチェアも同じ年齢分けクラスで参加、皆気遣ってない、良い意味で。
お腹出たおじさん多い、そして速い!もちろんそうでない人もね。 CAT1がセミプロ相当だが、実質29歳以下がプロ予備軍って感じで走りがピチピチしている。

SEA OTTER CLASSIC

実は先日のデュアルスラローム終了後、オーリンズにてテクニカルセミナーも兼ねて、フォークを120o→150oへストロークアップ。

SEA OTTER CLASSIC

さらに27.5インチ→29インチ化。&チューブレス化。
CUSHCOREやorangeseal など色々あったのですが、全て現地調達可能だったスタンズで。

SEA OTTER CLASSIC

ダウンヒルレースもCAT1-3まで、さらに各カテゴリーで年齢分けされていて、自己申告。とても寛容で出やすい。

スタートの招集がかかると速い人は先に出走順を確保していく。


実はここでも前走者に詰まらないように出走順の取り合いもあった。

本気の人から完全に年1回これだけ出ますみたいな人まで。みんな楽しそう! 協会管轄のようで、前日にこのイベントだけ有効な申請を行った。

SEA OTTER CLASSIC

ダウンヒルの練習なんかではOh,hardtail Cool!!に加え、Hey,Brother!!なんて言われて完全に仲間である。
そんな陽気なライダー達だが、さすがにスタート前になると、自分の世界に入り込む人がいたりして若干緊張が伝わってくる。

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

子供達がめちゃくちゃ上手い!!

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

レース終了後は散策。
これがラグナ・セカ名物コークスクリュー。

SEA OTTER CLASSIC

そして下ってみた。
手前がかなりの登り勾配で、自転車でスピード付けては無理があるが、数々の名勝負が行われたその場所と思うとワクワクしてくる。

コースはレース時以外は出入り可能。この時はシクロクロスのレース中だったので、ほぼ1周できてコークスクリューもいけました。

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

別のメンバーはシクロクロスに挑戦。



ここから下は気になったものご紹介

SEA OTTER CLASSIC

超短いステム20o。ハンドルがくりぬかれている!

SEA OTTER CLASSIC

サスペンション付きハンドル。 モトクロスのパーツメーカーのよう。

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

懐かしのFAT CHANCE
オールドスクールかと思いきや、フレームは最新規格・最新ジオメトリーだった。

SEA OTTER CLASSIC

こちらのFISHER$200にてフリーマーケット。
オリジナルステムも付いてて欲しかったが、持って帰る術がなく諦める。

SEA OTTER CLASSIC

遠征用テントにこれ良い。

SEA OTTER CLASSIC

地元紙では早速シーオッター特集。

SEA OTTER CLASSIC

ショーン・パーマーのバイク!!
皆一瞬立ち止まって見ていく。

SEA OTTER CLASSIC

ParkToolのブースに大変お世話になる。
スタンドもあって、工具というよりはメカニックスペースを提供してくれた。

SEA OTTER CLASSIC

会場MAP
とにかく広い。出展ブランドはなんと600超え!!

SEA OTTER CLASSIC

オーバーブリッジを渡りレースに向かう。
ここからテンションも緊張も上がっていく。

SEA OTTER CLASSIC

日本にも来てくれたLEZYNEのディロン。
実はアメリカナショナルレースのチャンピオンの経歴の持ち主。

SEA OTTER CLASSIC

ダニーマカスキルのDrop AND Roll。
ショーアップされたストリートトライアルショー。早めにいかないと見る場所確保するのが大変。

SEA OTTER CLASSIC

当時あこがれたGT RST

SEA OTTER CLASSIC

帰国日の帰り道、サンタ・クルーズにあるSANTA CRUZに立ち寄る。
シーオッターに出展のため、中はガラガラでしたけどね。

SEA OTTER CLASSIC

旅の最後はサンタクルーズに立ち寄りコーヒーでホッとする。
このVERVEcoffeeは朝にライドを開催していて、参加者へはライド終了後にコーヒーが振舞われるのです。 店内がすごく開放的でキレイ。長居してしまいそうです。

SEA OTTER CLASSIC SEA OTTER CLASSIC

アメリカの道走っていると、楽しそうなトレイルの入り口がいくつもある。ロードでガンガン走るライダーでない限り、ついついそちらに逸れたくなる人が多いのではないでしょうか?

横道にそれたらすぐトレイルがある。となると栄えてくるのがグラベル系含めダートライドが自然な流れなように思います。
また、トレイルのある所はそのエリア一帯に数本、数十本とトレイルが広がっている場合が多いので、1日では走りきれない。エリアとエリアで繋いで走りまくることができる。
ここまで楽しめる環境があるアメリカにも関わらず、イベントがあれば沢山の人が集まる。とにかく個々でも楽しむし、イベントはレースメインというよりは、もう完全にお祭りなのでありました。
ライド好きが同じ場所にあつまったら楽しくないわけがない。というのを改めて感じながらアメリカ探乗訪記2018SPRINGとさせていただきます。


VOL.1へ戻る