HOME » SPECIAL » LEZYNE GPS TEST
LEZYNE MEGA GPS

LEZYNE GPS TEST VOL.12

GPSの誤差について

色々ナビゲーションテストを行っているうちに疑問が…

GPSサイコンの精度はたくさんの種類の衛星から電波を拾った者勝ちなのか?

今回疑問に思ったきっかけは「誤差」について。

LEZYNE GPS TEST

誤差はなぜ起きるのか?

衛星での位置特定誤差は、常に数mあり、原因は複数あるようで、
・衛星側の時計誤差
・軌道情報の誤差
・対流圏/天候/建物や山の反射 など
一番大きな原因は 衛星の配置・補足数不足のようです。


どの程度衛星を受信すれば精度の高いデータを得られるのか?

LEZYNE GPS TEST

デバイスは上空45度の角度の中に4つ以上の衛星電波を受信することで位置情報を確定します。

LEZYNE MEGA GPSでは5つのバーがあり、 1本で〜3個 / 2本で〜5個 / 3本で〜7個 / 4本で〜9個 / 5本でそれ以上の衛星電波を受信しています。

ということは、 1本でも位置情報は特定できるが、 2本立っていればより正確な位置情報を取得できているということになります。

LEZYNE GPS TEST

こちらのデータはキレイにとれていますね。


自転車向けのGPSデバイスで
数センチ以内の誤差に収めることができるのか?

それを知るために日本の衛星「みちびき」について調べると...

みちびきは衛星数は4個(常に上空45°に来るのは1〜2個)、他国の衛星(GPS・GLONASS等)との測位誤差修正のための情報を提供している衛星になります。
また、あくまでも衛星(GPSもみちびきも)を使っての通常測位となるため、誤差を数センチで収める干渉測位とは測定方法が全く異なります。 このため、みちびきのデータを取得することで数センチ誤差の精度を出せるような状況ではないようです。

※以下補足有り

LEZYNE GPSデバイスのキャッチする衛星はGPSとGLONASSです。 実際にお話ししていて、他社製品はみちびきをキャッチするから精度が全然違う。 というお話しをたまに聞きますが、必ずしもそうではないという事を今回確信しました。 そして、新たに判明しそうなのはLEZYNE GPSには衛星受信チップが 一般的に見ても最上級のものが搭載されているらしいということ…

こちらは確認が取れ次第また報告させていただきます。
追って引続きテストを続けていきます。

―以下補足情報―

カーナビやスマートフォンの場合はマップマッチングなどを行い、マップ上の道へ強制的に位置補正を行い、誤差がないように見えるシステム設計をしています。

◆こちらで現在の衛星の配置状況がわかります。
http://app.qzss.go.jp/GNSSView/gnssview.html
頭上にはたくさんの衛星が飛んでいるのがわかりますね。

◆みちびきのみではなく、実際に衛星での測位で数センチの精度まであげることはできますが、数百万円で、かつ大規模な機材等が必要になってきます(昨年に小型化され、低コストの物がでてきた)。