HOME » SPECIAL » KNOG SAFETY
KNOG
KNOG

Safety in Styleとは

スタイルを備えた安全性

Knogが切り拓くスタイルを備えた安全性の提案

安全のための製品

ライト、ベル、ヘルメットを付けなといけないけど...
付けない人多い。


理由

・必要性を感じていない
・面倒
・カッコ悪い

Knogのアプローチ

かっこいい→使ってみたい 
→結果的に安全性UP



KNOG

スタイルを備えた安全性

Knogの実績

Frogライトの登場
・シリコンバンドで気軽に取り付けられる形状
・今までのライトにはないデザイン
・かわいらしさ
・カギと一緒に常に携帯しておけるような身近な存在

もたらした効果

・とりあえずつける人、ママチャリの人まで浸透
・無灯火の現象


KNOG

スタイルを備えた安全性

Knogの実績

ライトの照射角をスペックに取り入れ
・照射角毎のラインナップ
・1製品に様々な照射角度を取り入れる

もたらした効果

・ルーメン競争のLED成長期に一石を投じる。
・デイライトのキーワードが広がる

 knogはいち早く、
「GET SEEN(視線を手に入れろ)」 キャンペーン
で独自の啓蒙

自転車事故統計から見るデイライトの重要性

・自転車死亡事故のうち、夜と昼で昼に締める割合が77%
・出会いがしらの事故が最多 事故原因の55%
・追突に対して 40q/hで走る車の制動距離は22m

KNOG
KNOG

スタイルを備えた安全性

Knogの実績

Oiベルの登場
・140年間のドーム型のベルの形を一新。
・スポーツバイクにも目立たず、カッコよく取り付けできる

もたらした効果

・ベルの装着率UP
・ベルを話題にする事で、改めてベルの必要性が議論に
・販売開始1年で世界で50万個以上のベルが広まる

KNOG
KNOG
KNOG

スタイルを備えた安全性

Knogの実績

PARTY FRANKの登場
・カギにカラー展開を導入、12色展開スタート
・ケーブルにクレーンに使われるワイヤーを導入

もたらした効果

・カラフルなカギでカギをかけているアピールという考え方
・ケーブルロックにファイバーコアを取り入れ
 ケーブルロックでも防犯性能をアピールできるように

KNOG
KNOG
KNOG