GRINDURO CALIFORNIA 2018

GRINDURO! CALIFORNIA
参加レポート
【前 編】

GIROが主催するライドイベント
”グリンデューロ カリフォルニア"へ参加した
ダイアテックスタッフのレポート。

GIROが主催するライドイベント、GRINDURO(グリンデューロ)は、アメリカ、カリフォルニア州のクインシーにて2015年から過去3度開催されており、今年で3回目の開催。
日本から、ダイアテックスタッフが参加。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

DAY1 サンフランシスコを出発

2018年9月28日サンフランシスコ国際空港。今回はサンフランシスコから車で約5時間、クインシーという町を舞台としてのGRINDUROに参加してきました。
走り出してしばらくしたら、いかにもアメリカ!という感じの道になってきました。

 

GRINDURO CALIFORNIA 2018 GRINDURO CALIFORNIA 2018

事前情報としては「楽しい」と「実はけっこうハード」しか聞いていなかったのですが。今までどんな感じで自転車に乗ってきたのかを振り返りながら、そのお互い聞いてきた事前情報を元にイメージを膨らませます。

サンフランシスコ国際空港を出発し、サクラメントを抜け3時間半ほど走ってようやくQuincyの標識がでてきます。 もうこの標識だけでテンション上がってきます。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

今回の旅のお供 -1

GRINDURO CALIFORNIA 2018

いよいよシエラネバダ山脈のルートに突入。
もうこの時点であまりのスケールに圧倒される。
開催地のクインシーは元々はインディアンがいた地で、その後にはゴールドラッシュで一時的に栄えた。 今は人口約1700人、カリフォルニア州のシエラネバダ山脈の中にある標高1000mの小さな町。

夏は暑くなりすぎず、9月末は快適で涼しい。 今回二人ともライド時上に羽織る長袖を持っていき丁度良い感じ。グローブはロングがおすすめ。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

多くの参加者は金曜の昼頃にに受付を済ませ、軽くライドへ行き、キャンプスタイルで宿泊、シャワーも完備されており、さっぱりしてからブースを見ながらフードとビールで乾杯というスタイルです。

この日私たちは受付後、会場内のピザ屋で夕食をとってからモーテルに戻り、バイクを組み立ててから乾杯し翌日に備えます。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

受付スタッフの人たちもとてもフレンドリー。

GRINDURO CALIFORNIA 2018 GRINDURO CALIFORNIA 2018

コースプロフィールはこのような感じ。
走行約100km 獲得標高2500m

GRINDURO CALIFORNIA 2018

サイズ感は日本のSDA王滝と同じですが、全くイベントの性質が別物でした。
ざっくり言うと大きな山が2つ。
登り1か所、平地1か所、下り2か所に短いタイム計測セクションを設け、4ステージの合計タイムで順位が決まります。

計測セクション以外の約73kmはニュートラルセクションなのです。そのため参加者のほとんどはエピックライドを楽しんでいます。その間にくるステージを少し頑張って走るくらい。そう、そんな感じなのです。

バイクも何でもOK。

ディスクブレーキ搭載が推奨されていますが、グラベルロード・MTB・ツーリングバイク・シングルスピード・カゴ付きバイク本当に色々なバイクが走っていて、自由である。
そして驚くのは年齢層の広さ。10歳代から60歳オーバーまで、そして60歳オーバーの方のエントリー数が多い!中には70歳代も!?


DAY2 レーススタート

当日の朝はそんなに早くなくてもOK。スタートが8時で、スタートのための場所取りもない。
ちなみに招集もない(!)
正直遅れても、途中から入っても大丈夫そう。 そもそもまだレースのスタートではないのです。

 

ライダー用に用意されたブリトーとVERVEcoffeeで朝食を。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

テントサイトの朝はこんな感じでゆっくり時間が流れている。
もうね、この雰囲気からイイ!!

GRINDURO CALIFORNIA 2018 GRINDURO CALIFORNIA 2018 GRINDURO CALIFORNIA 2018

写真を撮っていたら「二人で撮ってやるよ〜」て言ってくれるのでパチリ。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

スタートはアメリカ国歌演奏からです。
皆期待に胸膨らませ、大歓声の中ライドの火蓋が切られました。

GRINDURO CALIFORNIA 2018 GRINDURO CALIFORNIA 2018

最初数kmの舗装路から…

GRINDURO CALIFORNIA 2018

しばらくするとお待ちかねのグラベル突入!!

GRINDURO CALIFORNIA 2018

GRINDUROはコース103qの中にタイム計測セクションが設けられており、合計4か所。

STAGE 1

登りグラベル1.9km 自転車乗れれば誰でも走れる。バイクも何でもOK。
一応500m手前に看板はあるが、このように流れでステージのスタートが切られる。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

まぁ、1.9kmの緩やかな登りなので、すぐ終わった所にすぐフィードが。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

ここで分かれ道。
エントリー時にGRINDURO(100km)とGRINDURITO(30km)が選択可能です。
ここも考え方は自由で、GRINDURITOにエントリーし、早めに帰ってきてあとはビール片手に会場で楽しむのも選択肢の一つなのです。
私の場合、ゴールしたのが17時頃で、外のほとんどのブースの人達は、ビール片手にすでにリラックスモードだったので、本当にそれもありなのです。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

各ステージ直後にはフィードが設けられており、陽気なスタッフの人達が「ビールか?コークか?」と声をかけてくれる。
もちろんCLIFshotやバナナ・リンゴ・ベーコン・水等々補給はバッチリ。
水だけ持てば、あとはフィードで何とかなる。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

その後もずーと登る。延々と登る。
とにかくピークまでローギアでボチボチ登る。
気温も快適で、しんどくない程度で周りも話しをしながらワイワイ楽しみながら走っていく。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

そしてゆるーい下りになって、次のステージのスタートがやってくる。

GRINDURO CALIFORNIA 2018

後編に続く>>