HOME » SPECIAL » GIRO YASUDA COLLECTION

謎のHironori Yasudaを探す

注意事項:これはデザインコラボレーションについての話ではありません。
Giroのヘルメット、シューズ、アパレルとはほとんど関係ありません。
これは20年前に1つのパターン柄から生まれた偶然なる物語です。

「このパターンです。 この本のこのページ!20年以上前のことを、昨日のように覚えています」とGIROデザイナーのEli Atkins(イーライ アトキンス)は興奮して言います。
「このパターンのエネルギーが、私の本能に語りかけてきました…」


GIRO YASUDA COLLECTION


Eliの手にある本は、絶版となった白黒パターンのコレクションです。
表紙には“Super Special Background Patterns”の略であるSPATSと書かれており、その探し求める唯一のヒントは、Hironori Yasudaと日本のエージェンシーPineapple’s Studio Graphicのクレジットのみが書かれていました。
「GIROで働く初日にこの本を見つけました。 当時は、コンピューターを他の1人と共有して使っていたため、休みの時間が多かったのです。 私はこの本の1ページ1ページをじっくりと見ていました。」





GIRO YASUDA COLLECTION


全てが謎に包まれていた

80年代後半から90年代にかけて、SPATSシリーズは、有名なザイン代理店、最先端のフリーランサー、社内のデザイン部門でカルトクラシックの地位を獲得していました。 安田のアートは多作になり、合計20冊の本と何千もの大胆な白黒の版画がありましたが、芸術の背景にいる男は謎のままでした。
「他のアーティストやデザイナーに会うと、SPATSの本の会話がよく出てきました。
一部の人は4冊だとか7冊、9冊の本を持っていたが、ある他の人はページが欠けていてさらに摩耗が激しくBook3の一枚のコピーしか持っていない者もいました。 私たちの誰もがこのアーティストについて何も情報がありませんでした。 すべてが謎に包まれていました」とEliは言います。

20年間にわたり、EliはさまざまなSPATSの本を探して購入しました。

その中には数百ドルもするほど珍しいものもあり、そのすべてのパターンを、他のアーティストが著作権なしで使用できました。 謎は深まるばかり。 「最近では、数分Googleで検索すれば、誰の情報でも見つけることができます。 Facebookを利用していない場合は、InstagramまたはLinkedInを利用します」とEli氏は言います。
「しかし、Hironori Yasudaを検索しても、限られた数のランダムなSPATSパターンしかできてきません…アーティスト自身の画像はなく、彼の存在はまるでゴーストのようでした。」



GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION




このゴーストは、Eliの最大の影響者の1人であり、パターン作成におけるインスピレーションの導きの原点であり、テクニックとアウトプットのヒーローでした。

「彼のパターンの1つでGIROのキットを作りたかったのですが、それらは著作権フリーであるにもかかわらず、安田さんの承認を最初に得なければならないと思っていました」と彼は言います。 それは敬意の表れでした。

「Hey,あなたの芸術作品の多くからインスピレーションを受けた人が世界の反対側にいる」と伝えたい。


回答は2週間後に来ました。安田は興味がありません

Eliが遂に安田のメールアドレスを手にしたとき、彼は手紙に今の思いを思いっきり注いだ。



Eliは、SPATSの本が、彼のキャリアの一部を形作るのにどのように意味があるものだったかを説明し、ロイヤリティとワールドワイドなGiroデザインとのコラボレーションについて安田に売り込みました。 その後、友人に翻訳を依頼し、安田に送りました。 2週間後に返事がありました:結果は、彼にはこのプロジェクトに興味がありませんでした。

「安田は丁寧に断り、基本的に彼は何も興味ないと言ったが、彼は私が誰であるかに興味を持っていた」とEliは言う。

Eliは勇気を持って挑戦し続けた。 「私は彼を見つけるのに何ヶ月も費やし、何年もこのことについて考えていました…そんなに簡単に諦めるつもりはありませんでした。」

Eliは彼の思いが商業的な成功のためではなく、個人的に興味あるものであることを明確にしたかったのです。 彼はジロオフィスを歩き回り、GIROチーム全員が安田さんに挨拶する様子をビデオで撮影しました(この時点で、私たちは全員、Eliの執念に気付き、スタッフ全員がEliの止められない感情的なジェットコースターに乗っていたようです)。 次にEliは、GIROのオフィスの雰囲気、安田に触発された作品、そしてカリフォルニアのサンタクルーズのビーチでの彼の生活をレコーディングしました。 このビデオレターは、Eliの心からの手紙とともに送られました。 そして、安田はついに同意してくれた。


Eliはメールを受け取った瞬間に東京へのフライトを予約しました。


「人々は決してあなたのヒーローに会うことはありません。 それは私が何度も聞いた哲学です」とEliは言います。
「彼らが普通の人であることに気づくと、それは失望に終わります。 しかし、GIROでコラボレーションした人々を振り返ると、Sub PopのJeff Kleinsmith and Sasha Barr、イラストレーターのJesse LeDoux、そして私のお気に入りのバンド、Descendentsは自分のヒーローです。」

Eliは、東京の賑やかな渋谷の街を歩きながら、そのルールのことを考えていました。

長い旅にもかかわらず、Eliには時差ボケがなく、さまざまなシナリオが渦巻くようによぎり、神経質になっていた。 彼は、東京郊外のTerasuスタジオで、2人のビデオグラファーと1人の通訳者となるTerasuのスタッフと落ち合い、ミステリアスな安田が現れるのを待ちながら部屋を歩き回っていた。
この時点で、安田はEliについてほとんどすべてを知っていた(ビデオレターと長い手紙のおかげです)。それでもEliはアーティスト安田についてまだ何も知りません。
彼は安田の年齢、彼がどのように見えるか、彼が住んでいる場所、はたまた彼がまだアートの活動をしているかどうかさえも知りません。
Hironori Yasudaは、息子と一緒にようやく玄関口に現れた。 Yasuda-sanは,部屋の中で一番背が高い。 彼は親切で控えめな目、柔らかく優しい声を持っていた。 彼はベースボールキャップにマッチした明るい赤のジャケットを着ている。 彼はすぐに靴を脱いで、衝撃的な無地の白い靴下を見せてから、歩き、Eliが贈り物として持ってきた本のある小さなテーブルに座った。

 

彼は礼儀正しいが恥ずかしがり屋で、会話を始めるのは困難を極めた。

GIRO YASUDA COLLECTION

「安田が座ったとき、私はパニックになりました」とEliは言います。

「私は今ここで、彼の向かいに座っており、共通の言語がなく、他の人の助けなしに会話をする方法はありませんでした。 それは私の人生で最も恐ろしい瞬間の1つでした。 しかし、私はラップトップをつかんで、彼に私たちのアイデアを提示しました。」

安田は通訳を通じて、インスピレーションはありふれた日常から生まれることが多いとEliに言いました。 古い横断歩道の分厚くヒビ割れた塗料、ゴミからクシャクシャの紙を取り出しそこに現れている模様、忘れられていた古い雑誌のハーフトーン模様。

GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION

「私はそれについて強い執着を持っていません」と安田は言います。 「ゴミや特別でないものは何も美しいようには思えない時があります。 しかし、それを手にとってよく見てみると、この小さなことが特別になる可能性があります。 私のパターンがこの結果です。」

彼は続けて、彼がインスピレーションを得たとき、睡眠や食事をとることなく一日中没頭してしまうと明しました。彼には好きなアーティスト、好きなSPATSの本、好きなパターンは無いと言います。 アートが完成すると、彼は新しいプロジェクトに取り掛かります。 彼の発言の間には長い沈黙の瞬間が広がっており、スタジオでの唯一の音は、足元の床板がきしむ音と、通りの小学校で遊ぶ子供たちの笑い声です。
安田の握るペンは、ノート上でひっきりなしに手が動いています。

GIRO YASUDA COLLECTION

4時間も経たないうちに終わりました。Eliは、安田、彼の息子、Terasuのチームと並んで駅まで歩いています。
「私たちが通りに突き当たった瞬間、彼はパイナップルスタジオブラックボンバージャケットを羽織り、ゆっくりと大きく肩を揺らし闊歩して歩いていきました。 彼が誇りを持ってそのジャケットを着ていたことがわかりました」とEliは言います。 「2、3枚の写真をパッと一緒に撮り、彼は地下鉄に姿を消していきました。」

GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION


GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION


GIRO YASUDA COLLECTION
GIRO YASUDA COLLECTION

日本販売製品

GIRO YASUDA COLLECTIONAETHER MIPS (※AFではありません)
¥49,800+tax
Size : M / L
GIRO YASUDA COLLECTIONEMPIRE SLX
¥49,800+tax
Size : 39 / 40 / 41 / 42 / 42.5 / 43 / 43.5
GIRO YASUDA COLLECTIONMen’s CHRONO EXPERT JERSEY
¥11,800+tax
Size : S / M
GIRO YASUDA COLLECTIONMen’s CHRONO EXPERT BIB SHORT
¥16,800+tax
Size : S / M
GIRO YASUDA COLLECTIONWomen’s CHRONO EXPERT JERSEY
¥11,800+tax
Size : XS / S
GIRO YASUDA COLLECTIONWomen’s CHRONO EXPERT HALTER BIB SHORT
¥16,800+tax
Size : XS / S
GIRO YASUDA COLLECTIONJAG GLOVE
¥3,800+tax
Size : S / M / L
GIRO YASUDA COLLECTIONCOMP RACER HIGH RISE SOCK
¥1,890+tax
Size : S 36 − 39 / M 40 − 42 / L 43 − 45
GIRO YASUDA COLLECTIONSEASONAL MERINO WOOL SOCK
¥2,800+tax
Size :S 36 − 39 / M 40 − 42 / L 43 − 45
GIRO YASUDA COLLECTIONPELOTON CAP
¥2,980+tax
Size : One size
GIRO YASUDA COLLECTIONMONTARO MIPS
¥24,800+tax
Size : M  /  L
GIRO YASUDA COLLECTIONMen’s ROUST JERSEY
¥6,800+tax
Size : S / M
GIRO YASUDA COLLECTIONWomen’s ROUST JERSEY
¥6,800+tax
Size : S
GIRO YASUDA COLLECTIONDND GLOVE
¥3,800+tax
Size : S / M / L


GIRO YASUDA COLLECTIONは下記のショップにて限定販売


SHOP ADDRESS TEL 取扱
Giro Studio Tokyo 〒 105-0014 東京都港区芝2-1-23ニューカナール升田ビル1F TEL 03-6809-3998 全商品
Whoo Bicycle 〒 604-0951 京都府京都市中京区二条通柳馬場東入ル晴明町658 TEL 075-255-9701 グローブ・ソックス・キャップ
GRUMPY 〒 733-0822 広島県広島市西区庚午中1-18-32ドルミ庚午101 TEL 082-208-2535 グローブ・ソックス・キャップ
GIRO製品情報はこちらから