HOME » SPECIAL » ENVE JOURNAL G23 VS SES 3.4 AR
G23 VS SES 3.4 AR

あなたに適したホイールはどっち?
G23SES 3.4 ARを徹底比較

ENVEの誇り、それは、使用目的に特化したホイールの幅広いラインアップを生産し、ユーザーが求める特性を提供すること。モデルを無用に細分化していると思うかもしれませんが、リムのすべてを自社製造しているため、そのような細かなラインアップが可能なのです。

去年の4月に発売されたSES 3.4 ARと2018年のDirty KanzaでデビューしたG23の2モデルには、グラベルやオールロードにどちらがより適しているかという質問を多くもらっています。一方は専用設計となり、他方は万能さを重視して両方のカテゴリーに対応できるよう作られています。

では、それら2種類のホイールセットは互いにどこが異なるのでしょうか? さらに言うと、どちらがあなたにより適しているのでしょうか? そこで、各モデルのデザインが重視している点を見てみましょう。

G23

G23 VS SES 3.4 AR
G23 VS SES 3.4 AR
G23 VS SES 3.4 AR

SES 3.4 AR

G23 VS SES 3.4 AR
G23 VS SES 3.4 AR
G23 VS SES 3.4 AR


徹底比較

Weight : 重量

G23は前後セットで1,300グラムをわずかに上回り、ENVE最軽量のリムを採用、その25mmのリム高が軽さに貢献しています。一方の3.4 ARは、フロント39mm、リア43mmのリムを採用したことで重量が増え、前後セットで1,415グラムとなっています。同クラスでは最軽量の部類ですが、G23ほど軽くはありません。

Aerodynamics : 空力面

AR ラインの開発目的は、ハイボリュームのロードタイヤに合わせて空力性能を最適化したリム形状を作ること。28〜32mm幅のタイヤを組み合わせると、3.4 ARは同じタイヤを履かせたG23と比べ、時速20マイルでの走行時に最大で10ワットを節約します。
しかし、実情はこれだけではありません。
タイヤ幅が32mm以上となると、3.4 ARの空力性能は減少していきます。幅が40mm幅に達すると、両者は空力性能がほぼ等しくなるのです。

Pinch Flat Resistance : 耐パンク性能

どちらのホイールセットも、ENVEが特許を取得したWide Hookless Beadを採用します。これはリムの先端形状に用いられたデザインであり、路面から衝撃を受けた際に、チューブレスタイヤがリム打ちパンクする可能性を軽減させます。G23は、M525 マウンテンバイクリムに用いられている形状をそのまま採用したWide Hookless Beadのおかげで、耐パンク性能に優れています。一方の3.4 ARは、リムの外幅を1.5mm細くすることで、高い空力性能を維持しています。

Comfort : 快適さ

3.4 ARは、ハイボリュームのロードタイヤを組み合わせ、適切な空気圧にセットすることで、とても快適な走りを得られます。
G23の設計意図は、サスペンション非搭載のバイクでオフロードを走るために振動吸収性に優れたリムを製造すること。したがって、リム自体に快適性を持たせることは、このホイールの使用目的に欠かせない要素です。



G23 VS SES 3.4 AR

What’s right for you? : あなたに適しているのはどっち?

あなたはロードライドもするグラベルライダーなのか、それとも逆に、グラベルライドもするロードライダーなのか?
結局はどのように走りたいかで決まります。
これら2つのホイールセットはWide Hookless Beadなどのテクノロジーを共有しますが、開発目的は異なるのです。
快適さや耐パンク性能の高さから、グラベルライドを最大限に楽しみたい方には、グラベルホイールの新基準とも言えるG23が適しているでしょう。
空力性能など、ライドの幅を広げる性能を重視する方には、あらゆる路面を走れる万能な3.4 ARで決まりです。



ENVEのロゴを冠する製品が全てアメリカ製ではありませんが、リムを始めとしたコンポーネンツをユタ州オグデンの自社施設で今後も作り続けていきます。
アメリカ生産イコール秀逸な製品ではないものの、走りに大きな差を生むのです。