BRUNOが応援する「旅」 〜世界の自転車旅をサポート〜 若者よ旅に出よ!

20歳の大学生、溝口哲也さん
アジア旅 レポート Vol.1

ヨーロッパ旅に続いて
この春、新たな旅にチャレンジ
香港からタイ・バンコクまで約3,000kmを旅します!!

いよいよ出発の時がやってきました。香港からタイ・バンコクまで約3,000kmを走ります。
前回のヨーロッパと違って、気候や治安など不安が尽きないですが、そんな困難さえ楽しんでいこうと思います。

まずは、直前に行われたサイクルモード ライド大阪での出発直前トークショーについて報告します。

BRUNOBRUNO
2日間行われたトークショーには多数のご来場を頂きました。

大阪の万博記念公園で行われたサイクルモードは天候にも恵まれ、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。私はイベントの一角で、昨年ヨーロッパを実際に走行したBRUNOの自転車を展示しました。その旅自転車を目の前にして、たくさんの方と色々な話ができて、すごく楽しかったです。

トークショーではMCの星野知大さん、アドバイザーの山下晃和さんと旅トークをさせていただきました。昨年のサイクルモード360°Traveller's Cafeでのトークショーに比べたら、少しトーク力が向上したのでは?と思います。
何よりたくさんの方々に応援していただき、本当にありがとうございました。おかげで、旅中は一人であっても、孤独感に押し潰されずに頑張れます!

BRUNO
大阪まで愛知から自転車で応援に来てくれた高校生の後輩たち。
BRUNO
アドバイザーの山下晃和さん、サイクルスポットの加藤さん、松田吉弘さんに見送られた。

さて、イベントが終わってほっと一息付くのも束の間、翌朝から香港に向けて出発のため徹夜で旅行準備に取りかかります。
自転車を分解し、梱包し、パスポート持って……最後の最後まで忙しいままの出国でした。

BRUNO
私が自転車を始めたお店では夜遅くまで自転車整備をしてくれた。

香港に到着したらバスとタクシーを使ってホテルに向かいます。
早速自転車を部屋に持ち込む交渉です。「高いお金を払うんだ!部屋で自転車組み立てるだけだ。
ダメって言うなら、おれは野宿してもいいんだぜ?!(謎の強気)」
というような感じで許しを得ました。

BRUNO
交渉してホテルに自転車持ち込んだ。

香港の夜景を眺めながら愛車を組み立てる。
これ以上の贅沢があるでしょうか。念入りに整備をしながら、これからの旅路を走りきるんだぜ!と根拠の無い自信に満ちています。

BRUNO
香港の夜景を眺めながら愛車を整備する贅沢な一時。

友人に「明日はどこを目指すの?」と聞かれ、私は「東の方」と答えました。
友人はそれ以上尋ねてきませんでしが、実際そんな感じです。自転車という移動手段上、計画は在って無いようなもの。それはトラブルや天候などの外的要因か、あるいは自分の気まぐれによるものか、自由奔放なのが自転車旅の良さでもあります。
地球というテーマパークに自分のストーリーを描くのが、世界自転車旅なのです。

応援よろしくお願い致します。

BRUNO
香港の夜景。
BRUNO
道路は車で混雑している。自転車は走りにくそう…
BRUNO
ヨーロッパに引き続き、使用するBRUNO 700c Touring Drop World Tour
BRUNO
世界有数の人口密度を誇る香港の都市に圧倒された。

現在、世界旅第2弾 参加者募集中!!

溝口さんに続いて、世界旅にチャレンジしたい若者を現在募集中です。
詳しくは下記のバナーをクリック!!

BRUNO

アドバイザー

山下 晃和 氏
旅するファッションモデル
山下 晃和 氏
ルーカス B.B 氏
地上で読む機内誌
PAPERSKY 編集長
ルーカス B.B 氏
松田 吉弘 氏
サイクルスポット
松田 吉弘 氏

協賛

le cyc traveler BROOKS PAPERSKY
BRUNO世界旅応援モデル