BRUNOが応援する「旅」 〜世界の自転車旅をサポート〜 若者よ旅に出よ!

20歳の大学生、溝口哲也さん
旅レポートVol.5

9月20日〜9月26日

溝口さんのヨーロッパ旅5週目。トラブルにも負けずスイス北部〜ドイツ南部の丘陵地帯を旅します

9月20日
ドイツ コンスタンツ→スイス バーゼル
160km  

以前フランスのカルカッソンヌでお会いした御夫婦に会いにスイスのバーゼルまでライン川に沿って自転車を漕いでいく。

サイクリングロードが川沿いに続いており、波打つような畑の景色が気持ち良かった。バーゼルに着くと彼らが出迎えてくれ、約1ヶ月ぶりの再会を果たした。カルカッソンヌから2,000km以上の道のりで撮影した写真を交えて語り合い、とても楽しい時間を過ごした。

BRUNO
シャフハウゼンの街並み
BRUNO
ライン川沿いのサイクリングロード

9月21日
スイス バーゼル→ドイツ コンスタンツ
183km  

昨日走ってきた道を引き返してドイツのコンスタンツへと戻る。今晩はユルゲンさんやマイケルさんと一緒にお寿司パーティだ。
テーブルには様々な種類の具材と海苔、そしてヨーロッパで初めて見る米が並んでいた。他愛のない話をしながら、一緒に寿司を握った。「寿司の作り方を教えてほしい!」と言われるが、私は滅多に寿司を握らない。むしろ彼らの方が上手に握っていて、日本人として情けなさを感じた。
海外旅行をする際は改めて日本の文化を学んでおく必要がある。
1ヶ月ぶりに食べる日本食は本当に美味しかった。

BRUNO
マイケルさん御家族とお寿司パーティー

デジタル一眼レフを落としてしまう

9月22日
ユルゲンさんとサイクリング
75km

ヨーロッパに降りたって一ヶ月が経とうとしている。
ここまで目立ったトラブルもなく順調に進んできたが、最大のミスを犯してしまう。ユルゲンさんとのサイクリングの途中で、大事なカメラを置き忘れてしまったのだ。
私の油断や慢心が原因だ。本当に情けない。自責の念に駆られていた私にユルゲンさんは「俺のカメラを使ってよ」と彼の一眼レフを手渡してくれた。どうして他人である私にそこまでしてくれるのかと尋ねると「若い時に世界を旅することは素晴らしい経験になるし、それを応援したいんだ」との返答にジーンときた。
ありがたく彼のカメラを使わせてもらっている。

そして先日、幸いなことに私のカメラを拾った方から連絡があった。再び私の元に返ってくることに安堵している。

BRUNO
ユルゲンさんと私
BRUNO
ボーデン湖をフェリーで渡る
BRUNO
ユルゲンさんのカメラで撮影

テント泊の後は柔らかいベッドに幸せを感じた

9月23日
ドイツ コンスタンツ→イスニィ
85km

お世話になったユルゲンさんに別れを告げて三日間滞在したコンスタンツを後にする。フェリーに自転車を乗せてボーデン湖を渡った。
ボーデン湖から遠ざかるにつれ、景色は丘陵地帯へと変わる。日が沈んで、そろそろ寝床を探そうかという時に出会ったのは、同じく自転車で旅をするドイツ人のペーターさんだ。  
草原の隅に二つのテントが並んだ。とても陽気な彼はラジオのリポーターだという。有名人なの?と尋ねると「僕は有名じゃないけど、僕の声は有名かもね」と笑って答えてくれた。テント越しでの会話は新鮮で、真っ暗な草原に二人の笑い声が響いていた。

BRUNO
気持ちの良い草原の向こうにはアルプスが見える

9月24日
ドイツ イスニィ→フッセン
101km

霧が立ち込める朝。ペーターさんと共に走り出す。
アルプスを抜けたら、てっきり平坦かと思っていたが、良い意味でその予想は裏切られた。標高800〜1000mの高原はひたすらアップダウンの繰り返しで、緑と茶色が混じり合う広々とした景色は圧巻だったからだ。
ペーターさんと別れて西へと進んでいくと二つのお城が見えてくる。ホーエンシュヴァンガウ城とノイシュバンシュタイン城だ。明日はこのお城を見学するつもりだ。鳴り響く音楽と歓声が聞こえなくなる山の奥へと分け入って、野宿をした。

BRUNO
朝靄のかかる草原をペーターさんと走る
BRUNO
牛を撮影するペーターさん
BRUNO
ホーエンシュヴァンガウ城

9月25日
ドイツ フッセン→ミュンヘン
122km

ノイシュバンシュタイン城はフリードリヒ2世によって建てられた。岩山の上にそびえ立つその姿は、実に美しく、見る者を魅了する。中に入れば様々な建築様式を取り入れた荘厳な空間を楽しめる。午前中に走り出す予定だったが、お城の雰囲気に魅了されて時間がどんどん過ぎていった。
走り出すのが遅くなったせいで、日が暮れた後も走り続けていた。暗くなっていく高原に不安を抱いて走っていると、一人の自転車乗りと出会った。
彼はサウルスさんといい、彼も遊んでいたら日が暮れてしまったらしい。まるで私と同じ境遇だ。自宅まで30kmついてくれば泊めてあげるという言葉に、思わずガッツポーズ。共に真っ暗な丘を越え、森を抜けていく。昨日は山の斜面で寝心地が悪かっただけに、柔らかいベッドで寝られることに、この上ない幸せを感じていた。

BRUNO
見学したノイシュバンシュタイン城
BRUNO
シュタルンベルク湖に沈む夕日
BRUNO
泊めてくださったサウルスさん御夫婦

9月25日
ドイツ ミュンヘン→キーム湖
122km

昨晩泊めてくださったサウルスさんにミュンヘンまで自転車で案内してもらう。何やらオクトーバーフェスというこの時期だけのお祭りで賑わっているようだ。人々は伝統的な民族衣装を身に纏い平日の昼間っからビールを飲んでは愉快そうに騒いでいる。日本には無い文化だ。
日が暮れてからなんとかたどり着いたキャンプ場では17歳の少年たち(と言っても私より大きい)に絡まれて、いろんなことを話し合った。

BRUNO
賑わうオクトーバーフェス
BRUNO
牛と草原

これからオーストリアに入り、フランスで出会ったおじいさんの家に向かう。
トラブルが発生しつつも、楽しい旅が続いている!



各WEBサイトでもご紹介頂いています

cyclowired cyclist cycle sports.jp LIFECYCLES PAPER SKY

監修

ルーカス B.B 氏
地上で読む機内誌
PAPERSKY 編集長
ルーカス B.B 氏
山下 晃和 氏
旅するファッションモデル
山下 晃和 氏
松田 吉弘 氏
サイクルスポット
松田 吉弘 氏

協賛

サイクルスポット BROOKS PEdal ED PAPERSKY
BRUNO世界旅応援モデル