ASSOS

LL.bonkaTights_s7
WINTER
¥55,400+tax

LL.bonKa

S7世代 ASSOS ウインタータイツ
最高峰モデル

世界中のウェアメーカーのベンチマークとなる、4/4 ウィンターレンジの最上級ウィンタータイツが S7世代に進化を遂げました。暖かさをそのままに前世代モデルより大幅に軽量化。運動性が大幅に向上しました。

撥水加工を施した新素材RXヘビー フリース素材をメインファブリックにストラタゴンウルトラ防風素材を太ももや膝、ヒップに効果的に ダブルレイヤー構造で配置。かさばらず、高い保温性を発揮します。 また風を受けない膝裏部分には薄手のRXライト素材を使用、優れたフィット感と通気性をアップしてます。

さらに裾部分には、冬期のライドでの不快な泥はねから伸縮性の高いTYPE009ウォーターバリア素材を使用。 さらなる快適性を実現しました。 パットにはゴールデンゲートを装備したS7チェントパッドを採用。大型リフレクターも装備。暗くなりやすいウィンターライドでの安全性を高めます。

What is it?- すべてのASSOSファンにとって、Bonkaという名前は、厳冬時における究極の性能と同義語である。新型LL.bonkaTightsはASSOS規準を満たすべく開発され、冬場のライドにおいて、技術面で他を先導していく。

使用方法 -究極のウインタータイツ。かさばることなく究極の暖かさを提供する。Bonka ジャージやWinter skinFoilと併せて、最も寒い日のライドで着用しましょう。

men lady
ASSOS LL.bonkaTights_s7
ASSOS LL.bonkaTights_s7
ASSOS LL.bonkaTights_s7
ASSOS LL.bonkaTights_s7
ASSOS LL.bonkaTights_s7
  • ASSOS LL.bonkaTights_s7
  • ASSOS LL.bonkaTights_s7
  • ASSOS LL.bonkaTights_s7
  • ASSOS LL.bonkaTights_s7
  • ASSOS LL.bonkaTights_s7

  • SIZING
  • ALS
  • ALS
  • AEPD

SIZE XS, S, M, L, XL, XLG, TIR
COLOR blockBlack
OUTFIT CLIMARANGE WINTER
フィット レギュラーフィット
推奨使用温度帯 -4℃〜8℃
メインテキスタイル RX Heavy
素材 70% PA, 17% PES, 13% EA
パターン 7 textiles – 14 patterns – 9 components
パッド Cento S7 ゴールデンゲート

技術製法

社内のテストチームが開発し、斬新なS7 インサートに基づいて、究極のウインタータイツを作り上げた。このタイツはBonkaの性能とは何であるかを、再び考えさせることだろう。


構造

ウインタープルーフ構造 - LL.bonkaTightsの核心は薄膜であり、これをタイツ全長に加えることで、最も寒い日にも耐え得る保温性を提供する。

インスレーション(保温材)-最高の保温性を発揮すべく、RX素材の最もヘビーなバージョンが、このタイツ全体に使われている。それに加え、秋や春のにわか雨から体を守るため、WR(防水)処理をすべての素材に施し、水を跳ね返してより長くライドができるようにした。
また、2層目にストラタゴンウルトラレイヤーをひざ、太もも、ヒップに、配置。寒さに対して確実なバリアとなる、この防風素材を効果的に配備することで、かさばりを最小限に抑えつつ、保温性を最大限に保つ。

アナトミカリー(解剖学に基づく)カット - 完璧なフィット感が得られるよう、タイツの膝裏側のデザインを見直した。複数のパネルとRX Light生地でテーパードとなっている、この新しく、より伸縮性と通気性に富む部位は、脚を著しく快適にする。

ゴールデンゲート付きチェントインサート – 成功を収めたS7 ショーツをベースに、W15 タイツは開発されている。長距離向けタイツとして、チェントインサートを搭載させ、S7の格別な快適性によるメリットを与えた。

ウォーターバリア – 冬の大敵である道路からの水しぶきを防ぐため、ウォーターバリアをこのタイツの下部に搭載。解剖学に基づいたカットは、ASSOS独自のType.009 防水素材が成せるワザである。足構造がループフリーにより、この素材は足の上でもまったく動かない。

リフレクター - 冬は暗い時間が長いので、左右非対称の大型リフレクターを各脚の裏側に配備し、視認性を向上させた。

blasenSchutz - 2010年のs5 ウインタータイツで初めて採用された機能であり、寒い天候でのライドをさらに快適にして実証されてきた。ストラタゴン防風生地のパネルをショーツの股と腹部の間に挿入することで、この寒さに敏感な部位を風による冷えから守り、寒い日のライドでのトイレ休憩を減らす。

一体型パッドプロテクション (IPP) - これは、ショーツ前面に採用されている、特許出願中の技術。インサートを生地に直接縫い込む代わりに、パネルの端まで続いている。これにより、前面に縫い目を持たずに、保護機能のあるレイヤーが提供できるようになった - 完璧な快適性に!

主な特徴

■撥水加工が施された新RX Heavy 生地
■ストラタゴンウルトラ防風素材を効果的に二重に配備
■脚裏側のアナトミカリーカット
■ウォーターバリア Type.009
■ゴールデンゲート付きCentoインサート
■一体型パッドプロテクション
■blasenSchutz
■大型リフレクターが視認性を向上

結論

このモデルは、ウインタータイツの新基準。かさばりを加えることなく最大の保護性を発揮するよう設計されており、冬季のライドにおいて、技術面での新リーダーとなり、最も寒い冬の日でも暖かく過ごすことができる。

ASSOS LAYERING SYSTEM のヒント

このタイツは究極のWinter モデルであるにも関わらず、その自由度は非常に高い。異なるclimaRangeのベースレイヤーやジャケットを選ぶだけで、ライドや天候に最適なウエア一式を細かく調整できる。sturmPrinzや他のWinter climaRange アクセサリーも加えて、完成させましょう。

AEPD Advanced Ergonomic Pattern Design

ASSOSウェアは、ライディングポジションに合わせて設計、製作されています。
バイクに乗っているときに圧力をかけることなく体を保護できるよう、体に沿って形成されています。
店頭でご試着される際には、必ずライディングポジションをとってみて、いかにASSOSが体に"ぴったり"合うか感じてください。ASSOSは真っ直ぐ立っているときは、引っ張られるため全く快適ではありません。
これが正しいフィット感です。ASSOSの技術を施したウェアは他の運動に使用するには不向きです。

適正なサイズをお求めにならないと(大きすぎたり小さすぎたりした場合)、快適性、パフォーマンス、持ちの良さに影響があります。ウェアが大きすぎると、皮膚の刺激を引き起こし(ウェアが動くので摩擦が生じる)、体を十分にドライに保てないでしょう。
ウェアが小さすぎると、縫製部や生地に過度のストレスがかかり、生地の毛羽立ちや劣化の原因となってしまいます。
今までASSOSを着たことがない方はぜひASSOS販売店に来店いただき、購入の前に適正なサイズを確かめることをお勧めします。

AEPD